詩季庵 日本料理

パン教室以外に日本の伝統的なお懐石料理をベースにした日本料理のクラスも開催しております。

この「詩季庵」という名前は、私が習っていた料理教室の先生からいただいた名前です。

詩子という名前から「詩」の一文字、季節を取り入れたお料理をお教えしているので季節の
「季」、
その二文字を組み合わせて「四季」と同じ音の名前を付けていただきました。

 

お稽古で作るお献立は毎月変わり、毎回5~6種類のお料理を作ります。和食は季節に密着しているお料理が多いので、詩季庵でも「季節」を多く取り入れています。例えば2月はお鍋、4月はお花見弁当、7月は七夕、8月には火を使わないお料理、そして12月にはおせち料理と四季にちなんだお料理や旬の食材を取り入れたお献立を学んでいただきます。

 

そもそも食材が手に入らないのでは?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、詩季庵で作るお料理は基本的にこちらのスーパーやアジア系食材店で手に入る食材を多く使っています。最近ではこちらのスーパーでもお醤油やお味噌、カレールーやインスタントラーメン、パン粉なども見かけるようになりました。日本で作るのと全く同じお料理は作れないかもしませんが、英国で手に入る食材を賢く使って、出来るだけ美味しい和食を作れるように毎月お献立作りには時間をかけています。例えばゆずの代わりにグレープフルーツやライムを使ってポン酢を作ったり、練り胡麻の代わりにタヒニ(中東でよく使われる練り胡麻)を使って胡麻和えを作ったり、鶏ひき肉の代わりにターキーミンスを使ってつくねを作ったり、せっかく学んだお料理をご自宅でも作っていただけるよう、手軽な食材に代用しています。

普段の食卓でも大活躍する簡単で美味しいお料理を学んでいただきますが、少しだけおしゃれな器に盛りつけただけで立派な「おもてなし料理」になるお料理が多いので、お客様へのおもてなしにもピッタリです。

生徒さんは初心者の方からベテランの方まで、いろいろな生徒さんがいらっしゃいます。「お料理を習いに来る」というより「美味しいご飯を食べに来る」という感じでお稽古に来てくださる生徒さんも多いようです。

少人数ですので、アットホームな雰囲気の中、おしゃべりをしながら皆さんでお料理を作り、出来上がったものは一緒にいただきます。いつも笑いの絶えない、とても楽しいお教室ですよ。お友達を増やしたい方も大歓迎。

是非お問合せください。